出汁屋40年の歴史を凝縮させた珠玉の逸品。
ただひたすら追い求めた、究極のだしパック。

レギュラーだしパック

焼アゴ出汁パック

レギュラーだしパック

九州地方では、大変よく使われている飛魚(あご)を中心に、うま味をプラスする目的で、うるめといわしもローストし配合しました。

飛魚(あご)の出汁は強い旨みが特徴でしたが、香りがあまりないのもまた特徴でした。 こちらの商品はその飛魚(あご)の特徴にローストしたことによる燻臭をプラスし、香ばしい香りと深い旨みがある、出汁パックになります。

また焼アゴは手間暇がかかりコストもかなり上がりやすいですが、企業努力により、通常のアゴパックと金額差がほとんど無い価格に設定させていただきました。

原材料 焼とびうお(あご)の煮干・焼うるめのふし・焼いわしのふし
内容量 100g×15袋入り
100g×45袋入り
100g×120袋入り
保存方法 高温多湿を避け出来る限り冷暗所で保管してください。
賞味期限はおよそ半年となっております。

あご出汁パック

レギュラーだしパック

九州地方では、飛魚(あご)の出汁文化が浸透しており、数多くのうどんやラーメン店に使われています。
しかし、うどんつゆの風味原料といえば、鰹と昆布・いりこといったものが主流で、他には、ウルメ・鯖・ムロあじなどを使います。
讃岐うどんつゆとして、飛魚(あご)を使うというお店は、ゼロに近いのではないでしょうか?
弊社は、飛魚(あご)だしとうどんつゆに合う組合せを試行錯誤し、うどんつゆとして最高の飛魚(あご)出汁パックです。

原材料 とびうお(あご)の煮干・うるめのふし・さばのふし・そうだのふし
内容量 100g×15袋入り
100g×45袋入り
100g×120袋入り
保存方法 高温多湿を避け出来る限り冷暗所で保管してください。
賞味期限はおよそ半年となっております。

下足パック

レギュラーだしパック

うどんつゆにイカの下足?と思われるかも知れませんが 最近、ゲソやエビの出汁を使ったうどんつゆを作る繁盛店も全国的にかなり増えてきました。 当社はその先駆けとして、10年以上前からイカのゲソやエビを使用した出汁の提案を行っており、それらの風味原料を使った、配合割合が一番ベストな出汁パックを開発しました。 さっぱりと!だけど奥深い味で 「ん?何だろうこの深みのある味は・・・」 とお客様から思われるつゆになるかと思います。
ぶっかけやざるうどんなどの冷やし系のうどんつゆには相性がばっちりです。

原材料 花かつお・宗田鰹節・さば節・うるめいわし節・いりこ・利尻昆布・イカ下足・干しエビ
内容量 98g×15 袋入り
98g×45袋入り
98g×120袋入り
保存方法 高温多湿を避け出来る限り冷暗所で保管してください。
賞味期限はおよそ半年となっております。

鰹パック

レギュラーだしパック

カツオパックという名称ですが、中には花かつお・宗田鰹節・さば節・うるめいわし節・いりこ・利尻昆布といった、風味原料が6種類入っています。 全体的には雑節で味を調え、かつお節の風味といりこの旨みで風味全体のバランスをとった商品となります。関西風の味をご希望の方におススメです。
かつお節と雑節から香る独特の香りは、唯一無二です。
うどん店内をおいしさで満たす為に配合バランスを極限で追求しました。

原材料 花かつお・宗田鰹節・さば節・うるめいわし節・いりこ・利尻昆布
内容量 84g×15 袋入り
84g×45袋入り
84g×120袋入り
保存方法 高温多湿を避け出来る限り冷暗所で保管してください。
賞味期限はおよそ半年となっております。

いりこパック

レギュラーだしパック

讃岐のうどんつゆといえば、これでもか!と入れるいりこで出汁を取るかけつゆが有名です。 こちらの出汁パックはガツンと伝わる、いりこの香りと味わい、それに奥深さを出すために少しのさば節とうま味を全体的に補強するために利尻昆布を入れています。 出汁を少し口に含むだけで口の中全体に広がる魚の味と香りが病みつきになります。
いりこの頭もはらわたもそのままで、そのまま煮だすのが讃岐スタイルです。 凄くシンプルだけど、当社独自の油いりこだから出せる最高の旨みある讃岐の味を手軽に出せるタイプになります。 油いりこについてはこちらをご覧ください。

原材料 いりこ・さば節・利尻昆布
内容量 82g×15 袋入り
82g×45袋入り
82g×120袋入り
保存方法 高温多湿を避け出来る限り冷暗所で保管してください。
賞味期限はおよそ半年となっております。